ラボ日記「関係人口創出WG」の第10回目を実施しました。

令和6年4月26日(金)くもり
参加者:かがわDX Lab会員及びLabフェロー 約15名(オンライン含む)
場 所:オンライン

本日は、ラボにおける地域活性化分野の研究項目「関係人口創出WG」の第7回目を実施しました。
本WGは、生産年齢人口層(または次世代を担う層)かつ二拠点・多拠点居住など多様な暮らし方を許容できる層の方々が、本県・本市町に関わって(住んで)もらえるために何をするべきか、顧客視点で"まち"をマーケティング、ブランディングすることで関係人口の創出を目指しています。
本日は、高松市、県、かがわ DX Lab 会員が集まり、前回のWGの内容等を踏まえて修正したアンケート案について最終の意見交換を行いました。今回は、事前にWGのメンバーにアンケートへの回答をしていただき、WG当日はアンケートの疑問点や改善点を話し合うとともに、今後の進め方についても確認を行いました。
アンケートについては、5月の連休明けに、かがわDXLabとSetouchi-i-Baseの会員に一斉メールにて回答依頼を行う予定です。今後もかがわDX Labの活動は、noteで引き続き情報発信をしていきます。